フルアクレフの全成分

フルアクレフの全成分を紹介しますね。

フルアクレフ

BG

グリセリン

ペンチレングリコール

トレハロース

ジグリセリン

ジメチコン

ポリソルベート60

フェノキシエタノール

スクワラン

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))

クロスポリマー

水酸化K

キサンタンガム

ジフェニルジメチコン

トリエチルヘキサノイン

エチルヘキシルグリセリン

ミリスチン酸ポリグリセリル-10

水溶性プロテオグリカン

コチョウランエキス

EDTA-2Na

スクワランオイル

肌荒れを防止するために配合されとる整肌成分やね。

そもそもお肌に含まれてる成分と言うことも安心やね。
保湿力が高くて角質層を柔らかくしたり、それによって
他の成分の浸透を支えることが期待されてる成分や。

トレハロース

これはお菓子の甘味料としてともかく有名になりよった感のある成分やね。
コスメティックの宣伝では一心に乾燥した、しいたけやらなんやらがあっちう間に水で立ち戻るのは
トレハロースのお陰ちう紹介されていますわね。
フルアクレフにもこういう成分が入っていて「トレハロースの無い膜で
見た目を保護し、その保水力で肌内部の潤いを逃がさない
ようにしたんや。」との記載がおたんや。

グリセリン

これはBGと並んで化粧水やらなんやらでおなじみやね。
高吸湿性で、角質層の激しくまで浸透する有名な成分や。
保湿効果やお肌のつやを持ちまんねん。

避けとる成分やらなんやらが無ければ、これは買いや。
お試し陥るにはもってこいの値段だものね。
わいとしては着色料や香料が入っておらへんのが一際安心やなと思おったんや。

フルアクレフの嬉しい効果

フルアクレフの嬉しい効果をより呼び起こす効果的な使い方があるってご存知やろか?年齢を重ねたお肌の悩みにうれしい効果を感じ取れるちう今話題のフルアクレフ。

フルアクレフ

当然、通常の美容液としてお使いしてもそのアンチエイジング効果は見込めるが、どっちみち扱うのなら、効果的な使い方で効率よく幼く上手くなってみまへんか?

その、フルアクレフの効果的な使い方は、なあんも特別なややこしい事ではおまへんので、今までのスキンケアに間もなくプラスする事が出来ますよ。

では、通常のフルアクレフの効果的な使い方は、自然体洗顔、化粧水でお肌を整えまんねん。こういう洗顔フォームや化粧水は今までお使いの市販されとるものでも問題おまへん。ほんで、フルアクレフをお顔に伸ばしていきまひょ。

この時も、容器から手に取ったら単にお顔に引き伸ばすのではなく、少々ひと手間。手の平でぴたっと温めておくんなはれ。

ちょいあたためる事でお肌への浸透効果が高まるんやよ。それと、更にようけいらっしゃるのが化粧品をお肌に載せたときのさわやか感じが苦手ちう方。手の平で温めれば、スゥっとお肌にフルアクレフが馴染んで行くのを憶える事でっしゃろ。

フルアクレフの美容液はは、よりドロリとしていて驚かれた方も多いと思うで。但しお顔に伸ばしていくうちにサラっとした質感になり、顔に髪の毛が引っ付いたりする事も有りまへんよ。

その後はお手持ちの乳液やらなんやらで保湿すれば普段のスキンケアは完了や。たまたま、いつものスキンケアにフルアクレフをちびっと足しただけやね。

やけどアンタ、こういうひと手間で、年齢肌の様々な悩みがツヤ、弾力に溢れるもっちりプルンとしたお肌へって変化していくのを感じ取れるはずや。そうして、夜のラックスタイム、フルアクレフでスペシャルケアを通してみまへんか?

殊にお肌の乾燥が気になる時や、明日は特別な日。ちう場合するとますます頼もしい効果をもらい安やね。そのスペシャルケアは、フルアクレフのコットンパックや。コットンでなくても、ドラッグストアやらなんやらで販売されとるドライシートマスクやらなんやらでもパックする事ができますよ。

一層、フルアクレフをコットン、ドライシートマスクに含ませまんねん。10滴ぐらいが適量でっしゃろ。頬、目元やらなんやら断然乾燥が気になる、特にケアしたいちう所は多めにするとええやね。10~15分過ぎ、さぞかしその変化に驚かれるちうおもいますわよ。

週に一斉、2回定期的に行うと、お肌の状態、質も格段にアップ!また、フルアクレフの望ましいポイントは、容器の構造にもあるんや。

出すときはスポイト式で中身に直接触れへん為、きれいちうわけや。スポイトで吸い取る量も定量な為、毎回均等な量が使用できまんねん。未開封の場合だと3年持つので、ちびっとようけ買い過ぎちゃったわ。ちう時も安心や。

この場合は冷暗所に保管おくんなはれね。30mlボトルだと約1か月分使用できまんねん。フルアクレフを愛用しとる方でも、コットンパックやらなんやらの使い方は知らなかったちうわけや。ちう方もいらっしゃるのではおまへんでっしゃろか?かしこく効率よくフルアクレフを使いたいやね。